FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2007/11/30/Fri 14:04:53
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:楽しむ

再び

京都へやってきました。

昨日は久しぶりに、懐かしい人と会い、奈良近辺を車でぐるりと周りました。
夕方には、その方が住職をしている郊外にある小さいお寺にもどり昔話をしながら一杯。
お寺の周囲は茶畑ばかりで、なかなかの景色でしたよ。
chabatake.jpg
chabatake2.jpg

早くから飲み始めたこともあり、早めに就寝。

で、今朝は大和西大寺まで車で送ってもらい、近鉄電車で京都へ。

前回は紅葉をみたので、今回はちょと古い町並みをみたいと思い、四条から河原町、北斗町、祇園の一力あたりを散策。
北斗町の路地の雰囲気はなかなかよかったですな。
pontocho.jpg

pontocho2.jpg

ichiriki.jpg

昼は一銭洋食を見るだけみて、祇園商店街の蕎麦屋でにしんそばをば。

最後は地下鉄京都駅コンコース内にある小川珈琲で一休み。
もうあと数分後ののぞみで東京へ出発しま~す。

次回こちらに来ることがあれば、もう少し下調べをしてからきた方がよいかな(汗)


※写真は帰宅後にアップし直しました。
スポンサーサイト
  • 2007/11/28/Wed 18:53:07
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:楽しむ

そうだ

京都へ行こうってなもんで、本日は京都へ。
なんの下調べもせずに行ったもんで、京都駅に着いてからしばし考えてしまった(汗)
結局友達から情報提供してもらった、南禅寺、永観堂、哲学の道を周ってきた。
nanzenji.jpg

tetsugakunomichi.jpg

市営地下鉄一日乗り降り自由というチケットを600円で購入。
昨日購入したICOCAも一緒に写してみました。(写真は後日かも…)
地下鉄のパスは、ちょうど元が取れたくらいかな。

南禅寺の次は、バスで移動して、
知恩院近くの一澤帆布に立ち寄る。
一澤帆布はあまり広いとは言えない店舗内に、
人がごちゃごちゃいて、落ち着かないので、移動することに。
地下鉄に乗って、烏丸御池まで行き、INODA COFFEEを探してちょっとウロウロ。
やっと見つけて店内へ。
コーヒーと栗のシブーストを食べて840円也。
コーヒー豆は購入しないで、ライターを買って帰ってきました。

コーヒーで一休みして、三宮に戻ることに。

あまり下調べせずに行った割には結構充実してたかも。


※写真は帰宅後にアップし直しました。
  • 2007/11/28/Wed 11:24:58
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日常

昨日は

灘駅近くのカフェにて食事。
nstyle.jpg

兄貴がいつもお世話になっています。
カフェと思いきや、出てきた料理は飲み屋!?
といったものでした。
最初にカマの塩焼が出てきたり、刺身が出てきたりと。
他にもお世話になっている方々がいらして、
楽しくいろんな話ができました。

そして今は京都。


※写真は帰宅後にアップし直しました。
  • 2007/11/27/Tue 16:13:13
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:楽しむ

ひとまず

昼過ぎに到着後、ポートライナー沿線にある、
上島珈琲のコーヒー博物館へ立ち寄り。
museum.jpg

ひと周りして、約1時間半程度だっかな。
コーヒーの発見やら、豆の精製過程などを見て、
最後にクイズに挑戦。
二回やったのでインチキかもしれないけど、5問全問正解!
museum2.jpg

現在は一旦ホテルにチェックインして、
再度外出のため、三宮駅に佇んでいやす。


※写真は帰宅後にアップし直しました。
  • 2007/11/27/Tue 08:27:11
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:楽しむ

今日から

神戸、京都へ。
主目的は観光ではないのですが、
ちょっとは観光もしてこようかと。

旅行中は携帯で備忘録のアップでもしようかと。
  • 2007/11/26/Mon 22:28:40
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:楽しむ

円生と志ん生

大人になってから初めて芝居を観たかもしれない…。
こまつ座の『円生と志ん生』。

名代の落語家三遊亭円生と古今亭志ん生が終戦間際に
満州に渡っていた当時のことを戯曲にしたもの。
きっと落語好きの人にはどう捉えられるのか、
それはわからないけど、井上ひさし氏の伝えたいメッセージは
ぼんやりとだけど、伝わってきた気がする。

円生と志ん生


氏の作品には戦中、戦後あたりのものがあり、
何かしらのメッセージがあった。

角野卓造が志ん生師匠を、辻萬長(つじかずなが)が円生師匠を演じていた。
もちろん1973年に他界した志ん生師匠、1979年に他界した円生師匠を
リアルタイムで見た事も噺を聞いたこともないのだが、
芝居を観ながら、実際もこんな面もあったのだろうなと
思う場面も多々ありました。

破天荒な人生の志ん生師匠、生真面目(?)、堅物(?)な性格の
円生師匠の雰囲気は出ていたのかな???

先に本を読んでいたので、観にいった芝居。
近いうちにもう一度本を読み返してみようと思っている。
  • 2007/11/26/Mon 13:23:06
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:楽しむ

芝居

珍しく芝居を観にきている。
こまつ座の『円生と志ん生』という、井上ひさし原作の芝居です。
あと10分ほどで開演。
昼の部のせいか、
観客の年寄り率がかなり高い…。

感想は帰宅後に。
  • 2007/11/25/Sun 10:31:10
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日常

どうなってるんだか???

こんな事件ばかり…。

女性警備員逮捕「むしゃくしゃして」 平塚女性刺傷事件

「仕事でむしゃくしゃしていた。刺したらすっきりすると思った」

だって。

ここ数年ずっとそうだが、
なんだか殺伐とした世の中になってしまったなぁ。
  • 2007/11/25/Sun 09:43:41
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日常

気分転換

外は寒くなってきたので、
このブログのテンプレートも一時変更。

ちょっと温かい感じの色になったでしょ。
  • 2007/11/24/Sat 23:58:15
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:Macintosh

外付けHD

iBook本体のHDの空き容量が6GBくらいになってしまったので、
やっと外付けHDを購入。
起動ディスクとしても使えるようにFirewire(iEEE)付きにしてみました。
Firewireで接続し、ファイル整理をしたら空きがやっと10GBになりました。
写真が結構容量を食っていたようです。

バッファロー USB2.0&IEEE1394対応 外付けHDD TurboUSB機能搭載 320GB ホワイト HD-M320IU2-WHバッファロー USB2.0&IEEE1394対応 外付けHDD TurboUSB機能搭載 320GB ホワイト HD-M320IU2-WH
(2007/08/25)
不明

商品詳細を見る


転送速度も早く、まずは満足してます。
もう一つポータブルのHDがあるのですが、
そちらもかなり窮屈になってきたので、
その中身も一部移動。

ここのところ、いつHDが一杯になってしまうか
ハラハラしながら写真を取り込んだりしてたので、
これで一安心。
  • 2007/11/23/Fri 22:18:47
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:バイク

ちょいお出かけ

寒くなってきたけど、
ETCカードを作ったときの
サービスポイント(?)2500円分の
期限が11月末までなので、
ちょっと乗ってきた。

目的地は宮が瀬ダムだったのですが、
どうも道を間違え到着できず。。。
地図も持たず、Uターンするの面倒だし、
寒いし、ということで成り行きで
100キロほどを走行。

この寒さだと連続走行距離は70キロくらいかも。
寒くて手が冷たくなってくるし、トイレにも行きたくなるしで。

今日は、バッテリーが生きているかの確認も含めての
ちょい乗りだったので、こんなもんで。
写真も撮らなかった(汗)
  • 2007/11/22/Thu 23:20:16
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日常

寒っ!

さっき帰ってきたのだが、
外はとっても寒く、すでに真冬並みに感じてしまった。

今真冬並みに感じてるってことは、
これからどうなるんでしょう…。

困った。

到着

飲み比べのために購入したコーヒー到着。
冷凍庫がいっぱいに(汗)

そこそこのペースで消費しているので、
それほどかからずに冷凍庫のスペースも
空くと思うけど、今は満杯状態。

これから毎日数種類のコーヒーを
飲み比べて、香味の違いを感じて
自分の味覚トレーニングをしていく予定。
  • Tag :
  • コーヒー
  • 2007/11/20/Tue 10:39:23
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:Macintosh

Safari 3

先日アップデートされたSafariについて「イマイチ」という
コメントをしましが、さにあらず。

レンダリングについては、Tigerではイマイチな気がするのは
変わりませんが、機能としてよいと思ったものが1つ。

ページ内検索です。
検索した単語の表示が非常に視認しやすく、
これまでの数倍も使い易いです。
必要ない人も、一度試してみるとよく分ります。

飲み比べ

飲み比べのため、月曜日に新たに豆を追加購入。
そのお店は、自家焙煎店でオーダーしてからローストする。
ローストの度合いも指定できる。
フランチャイズ店のような感じでした。

帰宅後、ちょっとテースティングの真似事をしてみたところ、
今回購入した豆は全てが飲めるレベルでないように感じた。
その豆のローストはシティローストで指定したのだが、
自分の感覚としてあるシティの度合いまでローストされていなかった。。。

豆の青臭さが出てしまい、そのままではちょっと飲めない。
抽出したコーヒーの液体も濁っていたし。

こんな結果を体験してみると、コーヒーのローストひとつとっても、
同じ名称のローストでも、お店によって違う仕上がりになっていて、
まだまだ、お店によって定義が違うようだ。

お金がかかるけど、しばらくは飲み比べを続けてみようかと。
  • Tag :
  • コーヒー
  • 2007/11/19/Mon 07:21:48
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:Macintosh

Tiger Update追記

前の記事に追記です。

オイラのMacはiBook G4 1.42 GHzです。
メモリは1.5G
  • 2007/11/19/Mon 00:23:08
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:Macintosh

Tiger Update

先日MacのOS Tigerのアップデートがあり、
10.4.11にアップデートされた。

何が変わったのかよくわからなかったけど、
一番の変更点は標準ブラウザのサファリのバージョンが3に
なったことみたいです。

どこかのブログにあった記載では、Leopardではレンダリングスピードが
あがったとあったけど、オイラのMacではいまひとつ…。

どちらかというとレンダリングが遅くなった感じがする。
アップデートも良し悪しだと思うな。
有無も言わせず変わってしまう仕様。
選択する方法もあると思うけど、一般的なユーザーでは
まだ対処できないかも。

とはいえ、ページ内検索の機能は使い慣れたら、
とっても使い易いと思います。

しばらく使ったら慣れると思うけど、
今回のSafariのバージョンアップは微妙なとこでした。

テースティング会

本日は初めてのテースティング会参加。
場所はいつもの堀口珈琲工房
会場に着いてみてビックリ。
20人ほどに人がいました。

かなりの人が常連のようで、なんだか最初から気後れしてしまった(汗)。
テースティングは2ラウンド行い、写真にあるスコアリングシートに
採点をつけていく。


採点基準はSCAA (Speciality Coffee Association of America)のものに
則って行う。

項目は全部で10項目。
これは以前カッピングセミナーに参加した時に学習した。
1.Fragrace/Aroma (芳香、香り)
2.Flavor(風味)
3.Aftertaste(後味の残り方)
4.Acidity(酸)
5.Body(ボディ←ワインのテースティングにも使ってるのと同じ使い方)
6.Uniformity(均一性)
7.Balance(バランス)
8.Clean Cup(濁っていないかなど)
9.Sweetness(甘み)
10.Overall(総合)

それぞれの項目が10点で、合計点が80点以上のものを
Specialty Coffeeと呼ぶ。

1ラウンド目は6種類の豆をカップした。
(テースティングすることを「カップする」と言う)

ニューカレドニア(リロイ)
パナマ(ゲイシャ種)
ブルーマウンテンNo1(ティピカ種)
ハワイコナ(ティピカ種)
オーストラリア(K7種)
ハイチ(ティピカ種)

これらの豆を挽いたものを小さめのグラスに入れ、
そこに直にお湯を注ぐ。4分待ってから上に浮いた粉をよけて、
香りを嗅ぎ、Fragrance/Aromaを判断。
その後、浮いた灰汁を取り除き、スプーンに液体をすくって
勢いよく口に吸い込み、FlavorやAcidityなどの項目を採点。

端から始めて、6番目に到達する頃には最初のものを忘れてしまうので、
この吸い込む作業を何度か繰り返した。

全員の採点が終わると、ホワイトボードに皆の採点結果の範囲を集計する。
79点が○人、80点が○人というように集計。

なんだか自信がなかったのだけど、ボトムラインが79点だという
事前のインプットがあったので、自分の採点結果と主流となる採点結果と
ある程度重なった結果となった。

2ラウンド目はパプアニューギニアの素性の異なる豆を5種類カップした。
2回目はかなりスムーズにカップもでき、採点を集計する余裕があった。

どんな豆を使用したかは以下のとおり。
1.シグリ農園(生産農園)
2.パラダイスプレミアム(一種のブランド名)
3.マダン農園(生産農園)
4.ブヌングー農園(生産農園)
5.オーガニック(有機栽培)

で、結果としてどれが一番得点が高いか、というと
1、2、3が比較的高い得点だったと思う。
5については、世界のカッパー(Cupper)の間でも意見がわかれるそうだ。
オイラは5番は低い評価をつけた。
なんか臭かったもんで。

カップが終わると解説があり、そこで5番目(オーガニック)の
臭さの理由が明らかに。

製法の違いによって、その臭みは出て来るようだ。
果肉臭と解説していた。その果肉臭、欧米では評価が比較的高いようだ。
日本では低く評価されるとのこと。

その他、いろいろとコーヒーの話しがあり、終了。
実際にやってみるまでは、果たして判断できるのだろうか?
なんて思ってたけど、訓練すればあるところまでは到達できるように思えた
1月には「コーヒー味覚訓練50プログラム パート1 」なぞという
プログラムが始まり、参加することになっているので、それもまた楽しみ。

たまにはうちでもカッピングをしてみるか!?
  • Tag :
  • コーヒー

コーヒーセミナー ロースト編

今日は一日寒くて、もうすっかり冬かと思ってしまった…。

さてさて、コーヒーセミナーロースト編に
参加してまいりました。

いつもと同じく堀口珈琲工房にて。

セミナーは堀口氏によるローストに関する講義。
その後に200gの豆を焙煎機を使用してローストする演習に。

講義を聴いて思った事は、ローストの定義について。
定義はある程度できてはいるが、その定義がコーヒーを
扱ってる人々にとって普遍的なものなのかちと疑問が残った。

もちろん、使用する豆の質によってもローストできる限界点が
異なったり、適したローストポイントがあるのだが、
その仕上がりの感覚を体得するには理論よりも何よりも
経験がものを言う。

ローストの仕上がりを判断するには、
1.焙煎釜の温度管理
2.時間
3.ハゼの音(焙煎が進むと「パチパチ」という音がしてくる)
4.色の変化

基本的には上記の4点で判断。
しかし、最後は自分の味覚が頼りになる。
安定した結果を出すには一年を通して
豆の変化などを理解しながらローストし続けなければ、
味のブレが少ない豆を供給することはできないだろう。

なので、味覚が大事。

自分が焙煎した豆は持ち帰ってきました。
この豆は常温で保存するよう指示がでました。(通常は冷凍庫で保存)
これから、日々豆の香味などの質が劣化していく過程を
実際に体験するようにとのこと。

明日はテースティング会。
いずれは、香味の違いなどを的確に言葉にして
表せるようになりたい。。。
  • Tag :
  • コーヒー

味覚

随分以前から食品に関する偽装事件が報道されてる。
偽装がよくないことなのは明確だ。
だけど、「有名店の商品なら大丈夫」という
消費者の思い込みが人の味覚を狂わせてるのかも。
「有名店」、「高級食材」という言葉に惑わされる。

人の味覚なんてそんなもんなのかな?
まぁ、加工されてしまえばわからないのも無理ない。

でも、もっと味覚を鋭くしておく方がよいのでは?
冷蔵庫にある食材を匂いも嗅がずに
賞味期限を過ぎたから捨ててしまう前に、
自分の嗅覚、味覚を頼りに判断する。

本日、またまたコーヒーセミナー。
今日はロースト編。

帰宅後に自分の覚え書きとして詳細をアップします。


  • Tag :
  • コーヒー
  • 2007/11/16/Fri 21:55:04
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:楽しむ

紅葉狩り

河口湖周辺まで紅葉狩りに行ってきました。
叔母たちに付き添ってもらい、母親連れて。

平日のため、渋滞もなく快適な紅葉狩りドライブだったです。
河口湖町では町をあげ『富士河口湖紅葉まつり』という催しの最中でしたが、
混雑というほどではなかったかな。
でも夜になるとライトアップもするみたいで、
ちょっとだけ見たかったかも。

曇天のため、陽の光を浴びてキラキラ光る感じの紅葉の写真は
撮れなかったけど、きれいな紅葉を堪能することができてよかったです。

河口湖畔の道路沿いで、ここでは写真を撮ってるひとがけっこういました。
momijiroad.jpg


河口湖から西湖畔を通り抜けて、本栖湖へ。
湖畔沿いの道に降りてすぐの駐車場の紅葉もキレイだった。
↓↓↓
motosu.jpg


motosu2.jpg


また本栖湖沿いの他の樹々。
こちらは黄色く色づきこれまたキレイ。

kiiro.jpg


さらに精進湖もひとまわりして、富士五湖のうち
四つの湖を一周してしまった。

東京と比べるとやはり寒かったけど、車で移動のため
寒さ苦手のオイラもなんとかダイジョブでした。

きれいな空気を吸い込み、気持ちのいい一日でした。

ここのところいくつかの店の豆を買って飲み比べをしてみてる。
何が違うのかまだはっきりと言葉にして伝えられないのですが、
飲み比べることによって、違いを意識できるようになるのではないかと…。

今日購入した豆。
mame2.jpg


銘柄はそのお店のブレンド「まったりブレンド」。
他にマンデリンとニューギニアを購入。
mame1.jpg


飲み比べ用に購入の場合、必ずマンデリンを購入している。
自分が一番好きな種類だから。
  • Tag :
  • コーヒー
  • 2007/11/15/Thu 21:57:16
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:モノ

半纏

叔母のPC購入のためPC販売店に行ってきました。
お店はオイラが子供の頃に住んでいた場所に近く、
駅を降りてからお店までの道のりを懐かしく思いました。

さて、PC購入はスムーズに済み、叔母宅へ戻りPCのセットアップ。
その最中に叔母がひっぱり出してきたのが、写真の半纏。
オイラが生まれた時にはすでに他界していた祖父が大工だったからか、
未だにこんな半纏が残っていたみたいです。

これは祭半纏。



背中には「祭禮(さいれい)」の文字。
hanten2.jpg


他にもあって、それらは作業着(?)なのか、わりと厚手の生地でできてました。
これはローマ字でisetohonten(イセトー本店)と書いてあった。
hanten3.jpg


いつ頃のものなのか、すでに祖母も亡くなって年月が経つのでわかりませんが、
相当古いものではないかと…。

結構虫が食ったりしてるけど、これを使ってなにか作れないかな?
なんて思ってます。
  • 2007/11/14/Wed 18:36:03
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日常

天気

今日もいい天気でした。
こんなに天気がよいのに特になにもしない一日を過ごしてしまったな。

週末は天気が崩れそうなので、こういう時にバイクででかければよかった…。

これからしばらくはコーヒーの飲み比べでもして過ごします。
先日ふと立ち寄った自家焙煎のお店のコーヒーをはじめ、
これからいくつかのお店のコーヒーを飲み比べる予定。

自分の味覚の確認と複数のお店を比べることによって
さらにコーヒーのことを知ることができるかな。
  • 2007/11/13/Tue 22:31:47
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:楽しむ

落語会

さきほど落語会から帰ってきました。
出演は柳家喜多八師匠。

全部で四席演じました。
その中で根多がわかったのは「禁酒番屋」という噺。
サゲは知っていたのですが、噺全部を聴くのは初めて。
サゲがわかっていても話し手によってもきっと違う「禁酒番屋」に
なるのだろうから、落語は楽しい。」

文鳥舎はとっても小さいスペースで、
間近で聴くとこができてとてもよかったですな。

ポッドキャスティングで二つ目の落語を聴くことが多いのですが、
真打ちとなるとやはり枕から聞いていて楽しい。
味があるというか、気負いがない。
小さいスペースだからか枕に下ネタがけっこうあり
それもまた楽し。
その中のひとつ「四つ目屋
たまに枕なんだか本編なんだがわかんなくなってしまって、
自分が落語を聴く練習をしてるみたいになってしまったやうな。

本編でも枕でも、「ワッハッハ~」と笑う人あり、
「むふふ」と笑う人あり。
そんな雰囲気も楽しかった~。
毎月第二火曜日に出演しているので、
来月も聴きに行こうと思ってます。

  • 2007/11/12/Mon 19:16:25
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日常

散歩(写真だらけ…)

天気がよかったので、自転車で吉祥寺近辺をフラフラ。
自転車でゆっくり走っていると、今まで目を向けなかったところを
発見できることを発見。

kichijoji.jpg

吉祥寺を通り過ぎて、さらに少し先まで行ったところにある、
自家焙煎のお店に立寄り、お試しに豆を2種類ほど購入してみやした。

その後は井の頭公園をチャリでフラフラ。
まずは弁財天にお参りをして、さらに突き進むことに。
弁財天があることは知っていたけど、お参りしたのは多分初めて。。。
benzaiten.jpg


井の頭公園の池にはボートがあるのですが、
このボートにカップルで乗ると弁天様が嫉妬して
そのカップルは別れるという噂が昔からあります。
写真はスワン。
swan.jpg


さらに奥へ。
そこには川の始まりがあります。
kandagawa2.jpg


ここが神田川の始まりなんです。
kandagawa.jpg


ひとまわりしてみると公園の樹々も色づいていることに気がつき、
ちょと一枚。
koyo.jpg


公園の土の上を走っていると気持ちがよかった。
昨日の雨で地面がすこし湿っていて、自転車が走った後に
轍ができている。こういうの見るの久しぶりかも。
wadachi.jpg

とっても天気がよく、気持ちのいいプチサイクリングでした。
  • 2007/11/11/Sun 21:38:29
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日常

一雨ごとに

冬が近づいてきてるのをひしひしと感じますな。
今日は雨も降り、家の近くでは雷も…。
さらには地震まで。

寒いのはいやですな。

コーヒーセミナー エスプレッソ編

さてさて、4回目のセミナーに行ってきました。
今回はエスプレッソ編。

これまでに、抽出基礎編、カッピング編、ブレンディング編と終了。
今日のエスプレッソ編は、今までのドリップを中心に考えたものとは
異なる印象が。

最初は堀口さんによるエスプレッソに関する基礎知識(能書き?)。
バリスタ選手権についても言及。
面白いことに、イタリアでは所謂イタリアンローストなどは使わず、
ミディアムローストからシティロースト程度のものだそうな。
日本でエスプレッソ用の豆を使うときは、そこそこ深煎りにする理由は
水の違いだそうで。ヨーロッパは硬水、日本は軟水。
そこで味に大きく違いがでる。軟水で抽出すると、酸味が強く出過ぎるため、
ある程度深煎りにする必要があるそうです。

解説の後は従業員による実習。

手動エスプレッソマシンを使用して抽出した。
業務用のもので、この手動マシンで上手に味のブレがないように
抽出できるようになるには、それなりの年季が必要みたいです。

こんなの使いました
(La Pavoniというメーカーです。家庭用の手動マシンもあり、それが欲しい…)
↓↓↓↓↓
machine.jpg

今日のセミナーで抽出したエスプレッソ、とても美味しかったです。
この味の違いの理由は、間違いなく豆の違いだろう。
たまにド○ールとかス○ーバッ○スなどで飲むエスプレッソと大きく違う。

やはり何をいれるにしても、豆の良さというのが肝心だということを
再認識しました。

カプチーノにも挑戦。
普段は飲まないのだが、きちんとスチームしたミルクで、
良い豆を使ったエスプレッソでいれるカプチーノもとても美味しくできた。
家にもエスプレソマシンが欲しくなってしまったな…。
  • Tag :
  • コーヒー
  • 2007/11/08/Thu 23:02:56
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:バイク

うどんと紅葉

うどん食いに山梨は都留へ。
禾生(かせい)駅近くにある山もとうどん。
吉田うどんという部類なのだそうだが、なんかとっても素朴で好きです。
mise.jpg


このお店、お客さんにできるだけ安くうどんを提供できるように
という趣旨でセルフサービスです。なんかいいですよね。
といっても今日は11時頃に着いたのでお客さんは自分の他に二人ほど。
出来上がったうどんをお店のおばちゃんが席まで運んでくれました。

注文したのは肉うどん大盛。うどん2玉です。600円也。
udon.jpg


ほうとうのようなすいとんのような。
でも吉田うどんなんです。
お汁はわりとあっさり。具は肉とキャベツと気持ち程度のネギのみ。
いつも食べたい食べたいと思いつつ今回でやっと3回目かな。

高速使っていったもんで、ちょと交通費がかかり過ぎかも。

うどん食いにってのがメインなのだけど、一応紅葉チェックも
兼ねていたので、そこからいつものように道志へ向かいました。

その途中でキレイに色づいてる葉っぱをみつけたので一枚。

momiji.jpg


道志のあたりは真っ赤になっているような木々はあまりなく、
緑がけっこう混ざっているのがほとんどでした。
もっと富士山に近づくときれいに色づいている場所もあると思います。
  • 2007/11/08/Thu 00:06:40
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日常

散歩

本日歯医者にて診察のあと、前職場に用事があり
四谷から飯田橋までちと歩いてみた。
ちょうどお昼時だったので、お濠のベンチがあるところでは
買ってきたランチを食す人々も。

今日はとってもよい天気で、まさに散歩日和でした。
久々にこうやって歩いてみるといろいろな人がいるなぁというのが感想。
サラリーマンにOL、はたまたお家のない方々、
かと思うとちょっと広めのところでは、おばさま二人が
ソーシャルダンスらしきステップを踏んで練習してました。
皆それぞれ思い思いの過ごし方をしていた。
そんな光景を目にすると平和だなぁと思うのはオイラだけ?

人が写ってる写真はどうかと思うので、四谷よりの木々の写真と
オイラの足の写真をどうぞ。




foot.jpg

プロフィール

トリアタマ

Author:トリアタマ
トリアタマのための備忘録。
最近では三歩に届かず、立ち上がった瞬間に忘れてしまうこともある己のために…

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
ブログランキング参加中です。 クリックしていただけるとウレシイです。
最近のトラックバック
Amazon



ブロとも申請フォーム
本棚
これから少しずつ登録書籍数を増殖させます。
QRコード
QRコード
QRコードで携帯からも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。